今月の投稿: 5月 2009


インプラント手術後に何を食べて良くて、何を食べてはいけないのか確認しておきましょう。 いつも咬む歯をインプラントにした人は、腫れがひくまでは、 辛いものなどの刺激物は避けるようにしましょう。飲酒も同様です。 咬む歯がある人は、手術箇所を避ければ、普段の食事から変えなくても良いです。

インプラン手術後の食べ物 注意点


インプラントの治療期間は、1回法か2回法で違ってきます。 ここでは、2回法での治療期間を紹介します。 インプラント2回法の治療が始まってから終了するまでの期間は、4〜7ヶ月です。 治療期間を理解しておくと、今後の自分のスケジュールも立てやすいので、 チェックしておきましょう! 治療期間の内訳は、、

インプラントの治療期間


歯科インプラントは、来院してすぐに手術はできませんよね。 ここでは、これからインプラント手術を受ける方のために、 無料メール相談から治療後のメンテナンスまでの手順を紹介します。 1.無料メール相談 有名な歯科クリニックではホームページがあるので、 みなさんが選んだ歯科のホームページの無料メール相談フォームから相談しましょう。 遠方の方やインプラント治療についてお悩みの方なら、無料メール相談が便利ですよ。 2.来院予約 無料メール相談で少しでもインプラントを受けてみようと思われた方は、 カウンセリング予約をしましょう。さらに詳しく聞くことができますよ。 ※カウンセリングも無料のところが多いです。 3.診査診断 視診・触診だけでなく、CT・レントゲン・口腔内写真の撮影・歯型などを取り、 治療計画を決定します。

インプラント治療の手順



インプラントの耐久性は、とても高くなっています。 現在では、骨結合性の向上、骨質、骨量の不足を補うための骨造成や 骨移植の進歩、材料等の品質向上などにより、 歯科インプラント治療の質はとても向上しました。 一般的にインプラントが総合的にきちんと使える状態の生存率は、 10〜15年が90%と言われています。 しかし、この生存率に誰もがなれるわけではありません。

インプラントの耐久性


歯科インプラントを考えている方が心配するのは、安全性と耐久性のようです。 もちろん、治療費のことも心配ではあるんですが、それはインプラントを理解してから考えることですよね。 ここでは、インプラント治療の安全性についてお話します。 使用する材料が体内へ影響がないかどうか気になります。 今は、純チタンを使用しており、チタンが人体へ与える影響もなく、 アレルギーがあったという報告もありません。 よって、何十年とインプラントを入れ続けても 人体への影響はないので、心配ありません。 材料以外で心配なことと言えば、手術についてでしょうか。

インプラントの安全性


歯の矯正方法には、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。 部分入れ歯は、何となくどんなものか分かるのと思うのですが、 ブリッジについては、聞いたことがなければ何のことかわかりませんよね。 ここでは、ブリッジとインプラントの違いを説明します。

ブリッジとインプラントの違い



インプラントとは、虫歯や損傷などで歯が抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込んで、人工の歯をその上に取り付ける治療法をいいます。 インプラント 歯 埋め込まれたインプラントは、アゴの骨と結合して固定されます。 インプラントの上の人工の歯は、患者さんに合わせて一本ずつ作るため、 入れ歯などと違って、噛みごこちや見た目など天然の歯とほとんど変わりません。

インプラントとは